性悪女の脳内愚痴実況

InstagramのストーリーやTwitterに書ききれない愚痴を書きまくり、ストレス発散するためだけのためのブログです。完全な自己満足につき、クオリティは求めないでください。クォンティティーの方は充実させる予定です。

対立構造

 

世の中って対立構造に溢れてるよね。

 

 

 

ツイッター好きじゃないですか。

 

タイムライン見てると、同じ事象に対して

真反対の考え持ってる人がいるわけで。

 

 

興味深いなぁと思う(小並感)

 

 

 

 

特に生き方についての対立構造って

その人の価値観をめちゃめちゃ反映してくるから好き。

 

 

 

例えばね、

 

 

①「女の価値は若さ派」vs「25歳からは中身で勝負派」

 

 

前者の「女の価値は若さ派」は、

 

 

若さを失う前に美を手に入れるため、整形する費用を得るなど、自己投資を惜しまない。

 

 

今の時間軸を中心に突っ走るタイプ。

 

 

 

その一方で、後者の「25歳からは中身で勝負派」は、

 

 

歳を重ねるごとに味を出すための努力をするタイプ。

 

外見面では若さに勝てないと自覚はしており、中身を重視し自己啓発に勤しむ。

 

 

 

②「自分を環境に合わせていくタイプ」vs「環境を自分に合わせていくタイプ」

 

 

前者の「自分を環境に合わせていくタイプ」は、

 

見栄を張ってでも

高いブランドで身を包み

 

土地単価の高いところに居住し、

 

一流のレストランで一流の食事をし、

 

自身を高めていこうとする。

 

 

 

一方で、

後者の「環境を自分に合わせていくタイプ」は、

 

自分の器と合った環境を経て、ステップアップしようとする。

 

分相応であることを意識する。

 

 

 

 

 

 

他にもたくさんあるんだろうけど、

 

 

どういう生き方をするにも

 

 

弊害はあるんだろうね。

 

 

 

 

生き方の選択をするにも、

 

 

「人生ローリスクで生きていきたい派」vs「人生ハイリスクじゃないとつまらない派」

 

 

の対立構造があるんだろうから

 

 

 

人生って決定木の連続なんだなーと思う。

 

 

 

仮に人生が決定木の連続だとしたら

 

 

大元のテーマ、つまり最終目標って何なんだろう。

 

 

「生きる」??

 

 

 

 

 

 

私、こういう勉強したことがないから分からない。

 

 

 

人生を生き抜く手段の学習は

今までの教育過程で

多少なりともかじったんだろうけど、

 

 

でも人生そのものに関しての知識、

「人生ってこういうものだよ」

 

ってのは限りなくゼロ。

 

 

 

 

まあそれを知ったところでどうなの?って話ではある。

 

 

 

 

 

 

 

0キロカロリー理論

 

7日中4日間がオールナイト忘年会、通算20連酒とかいう死亡日程を生還しました。

 

 

人生でこんなに辛くも楽しい経験は今後ないかもしれない。

 

 

酒はもちろん好きなんだけど

私は、飲んで盛り上がってバカになっている瞬間に投資してるのよね。

 

 

 

飲み会の断片記憶と写真、動画だけで5時間はぶっ続けで笑える。

 

 

次会ったときの会話のネタにもなる。

 

 

 

1回海外旅行いけるレベルで金飛ばしたけど後悔はない。

 

 

 

酒飲まない人からすれば意味わかんないよね、これ。

 

 

 

 

忘年会期間は連日の二日酔いで

食欲が1pmも湧いてこなかったんだけど

 

 

酒抜けてからの食欲って本当に半端ない。

 

 

 

この24時間でもつ鍋1.5人前、卵焼き、チキン、野菜盛り、天丼、ラーメン、唐揚げ7個、ご飯、エビチリ、酢豚、肉団子、フライドポテト、イカリング、ご飯2杯、サラダ、サンドイッチ4個、ハーゲンダッツ2個

 

をたいらげた。

 

 

 

胃が強靭なのかわかんないけど

不思議と全く胃もたれは感じていない。

 

 

でも、そこまで私はバカじゃないから

デブの道が拓けた事は理解した。

 

 

 

太るのはもちろん嫌だ。

 

太って自分の容姿が醜くなるよりも

太ることで周りの評価が明らかに変わることが嫌だ。

 

 

 

 

でもさ、罪悪感を持ちながら食べ物口にする以上のストレスってなくない???

 

 

 

食べ物にそもそも失礼じゃない???

 

 

 

太ったくらいで態度変えてくるような器がお猪口レベルの人間なんて関わる価値もない。

 

 

 

 

 

だから私は開き直って

「0キロカロリー理論」を推奨していく。

 

 

 

これサンドイッチマンの伊達が

アメトークで言ってたんだけど、

 

私も割と実践してたから全力で広めさせてもらう。

 

 

 

「0キロカロリー理論」とは

 

とにかく理由をこじつけて、目の前の食べ物を「0キロカロリー」に帰着させ、自分を洗脳させる

 

 

というもの。

 

 

 

例えば、

 

 

「ラーメンの麺は元を辿れば小麦、つまり植物なわけだから実質0キロカロリー。」

 

 

「鍋なんてほぼ野菜しか入ってないんだから四捨五入して0キロカロリー。」

 

 

「ケーキなんてふわふわしてるしほぼ空気だから実質0キロカロリー。」

 

 

「ポテトも唐揚げも食べたけど、サラダ食べて相殺したから実質0キロカロリー。」

 

 

 

こんなかんじですね。

 

 

 

非常に頭悪い感は否めないが。

 

ポジティブとバカは紙一重

 

 

 

残り少ない大学生活なんだから

私は全力でバカやっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

マウントとるやつもうGood night

 

男女問わずなんですけど

マウントとりたがる人っているじゃないですか。

 

 

 

 

「この人には敵わない」けど

「この分野なら勝てる」とか考えたりするのも一種のマウンティングだし、ワイもガッツリしてるんだけれども。

 

 

 

 

 

でもさ、それを態度に出すのってダサいよねーーーー

 

 

 

 

私が解せないマウンティングってのがある。

 

 

 

 

それは、「遠回しマウント」というもの。

 

 

仲良い関係なら会話が盛り上がるネタとなるので言ってもらって構わないが、

 

 

上辺の付き合いの人に言われたら、非常にウザい類のやつ。

 

 

 

 

遠回しマウントの例を挙げてみる。

 

 

 

①巨乳の遠回しマウント

 

 

「うつ伏せで寝れんの羨ましい」

 

これは全貧乳を敵に回すやつ。

 

 

②素顔美人の遠回しマウント

 

 

「化粧して変わるの羨ましい!私全然変わらないからさ…」

 

肌が綺麗なのはわかった。

 

 

③役職マウント

 

 

「いいなあー、モテないって総合職女子の宿命だからさー」

 

男バリに金稼いでるからモテない時代はもう終わりました。

 

 

④ミスコンマウント

「他薦です」

 

出場決めたのは自分の時点で、自薦他薦に違いなんてない。

 

 

 

 

何が言いたいかってさ、

 

自分が満足してる部分を他人と競う必要なくない??

 

回りくどい承認欲求の満たし方しなくてもいいよね???

 

「私すごいっしょー?」ってダイレクトにいってくれた方が潔くて同調できる。

 

 

 

私はそういう人になりたいし、

そう言える大胆な人間が好き。

 

 

 

 

連勤術師創世記1

 

私、実はバイト戦士の中でも連勤術師と自負しています。

 

 

 

周りで月25万オーバー稼ぐ人とか知ってるから、私なんて大したことではないんだけど。

 

 

 

でも、月の労働時間150いったから

れっきとしたアルバイターだと思ってる。

 

 

 

 

あと数ヶ月で

アルバイター人生も引退って考えると

本当に感慨深くてこの記事を書いてる。

 

 

 

 

「連勤術師」って言葉、

今のバ先で働いていた連勤してるお姉さまから教えてもらって愛用してる。

 

 

 

是非みなさんも愛用して。

 

 

 

 

 

 

 

私のいう連勤は3連勤アップのこと。

3連勤までは呼吸なので、連勤と認めない。

 

 

 

 

 

 

私の本格的な連勤術師デビューは

大1の冬。

 

 

 

 

クリスマスイブからの11連勤をした。

もちろん三が日も出勤。

 

 

 

 

これが本当にしんどかった。

多分人生で一番しんどかった。

 

 

 

 

 

 

 

まず、仕事ができない自分に半端なく嫌気がさして病んでた。

 

 

 

 

アルバイトの人間関係、立地、その他諸々の環境が悪すぎて病んでた。

 

 

 

 

プライベートでも

当時19年の人生の中で一番大好きだった人がいたんだけれども

 

 

半端ない玉砕(お前みたいなやつが大嫌い的なこと言われ、態度を取られた)をし、

 

世も末レベルで病んでいた。

 

 

 

(当時のバイト先について

説明すると、

 

 

新宿のホテル内の居酒屋みたいなところと今のバ先を掛け持っていた。

 

 

 

今のバ先も相当混み方はエグいのだが、

新宿のお店は地獄級に本当にエグかった。

 

 

 

仕事わかんないのにヘルプで7店舗くらい飛ばされる。

 

毎日店長にキレられる。

 

宴会シーズン、1人で50人以上相手にする。

 

酒の種類がバカ多い。(当時未成年)

 

賄いがまずい。

 

客層が良いため、接客が大変。

 

家帰ったら1時過ぎる。

 

 

 

 

 

伝わらないと思うけどクソ辛かった。

 

でも、新宿のお店の前にやってたアルバイトより

 

人生で初めてやったアルバイト方が色々とやばかったから、それでも恵まれてると勘違いしていた。

 

 

そのクソバイトについてもまた今度語る。)

 

 

 

 

 

働けば、余計なこと考えなくて済む

 

たしかにその通り。

今となっては労働のモチベの1つ。

 

 

 

 

でも当時の私は、

 

アルバイトが病みの原因の1つだから、

失恋のこと考えなくてもバイトでさらに病んだ。

 

 

 

忘れもしない

2015.12.24

 

 

ストレス性胃腸炎の中、

新宿の他店舗にヘルプ飛ばされ、

刺すような胃痛とこみ上げる吐き気と闘い、

なんとか退勤して

 

 

帰り道、自販機でキレートレモン買って飲んだ瞬間、新宿の街のど真ん中でゲロ吐いた。

 

 

 

この瞬間、

「何が楽しくて今生きてんだろう」

っていう虚無感に襲われたの、忘れもしない。

 

 

 

 

 

 

結局、私が今のバイト先続いてんのって、

愛すべき地元の子たちに出会えたからなんですよね。

 

 

 

 

バイトなんて金稼ぐ手段に過ぎないのはもちろんなんだけど

 

 

 

同年代の人たちが集まって、楽しく稼ぐのが本来の形だって感じた。

 

 

 

 

「金いらないから働きたくない」

って思った時は、本当に辞めどきだと思う。

 

 

 

 

これって仕事にも通ずることで、

「給与、名誉、夢、何もかも失ってでも辞めたい」って感じつつも働いてたら、

 

 

線路に飛び込む人になる。

 

 

 

そう思ってしまうまで追い込まれた時点で

環境に問題あると思う。

 

 

環境のせいにするなって考えも

ごもっとも。

 

 

だけど、少しはゆとり持って生きていきたい。

 

 

 

 

ここまでダラダラと自分の経験談

語ってきたけど、

 

 

なにが言いたいかって

 

 

私が連勤できるのは、

人間面での環境のおかげなんですって話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まじで悩んでる話

 

私のInstagramのストーリー見て、

 

「病んでるの?」

 

って聞かれること多いのですが

 

 

 

 

通常運転です。

 

割と日々楽しんではいる。

 

 

 

通常が闇属性なのかもしれない。

 

 

 

 

メンタルそのものがそこまで強靭なわけではないが、

メンタルの回復力に関しては

鍛えてきたので、人並み以上だとは思っている。

 

 

 

だけども、夜中に

寂しいような悲しい気持ちになって泣きそうになったり、呼吸が乱れることが最近ある。

 

 

 

まじでこれに関しては自分メンヘラなのかと焦る。

 

 

 

 

秒でタバコを咥え、気持ちを落ち着かせる

という対処法しか取れず、キツい。

 

 

 

 

最近、割と人生最高レベルで

幸せではあるんだけどな。

 

 

なんで情緒乱れるかって

 

 

自分の中での後ろめたい過去をふと思い出して

罪悪感に苛まれてはしんどくなる。

 

 

その結果悲しかったり寂しかったり、

死にてえ的な感情が起こる。

 

 

前まで罪悪感で病むなんてこと

なかったのにな。

 

 

 

 

どうしてなのか、

 

 

 

調べても全くわかんない。

 

 

 

 

でもなんか、記事書いて誰かに伝えてるような感覚を得ると

 

 

だいぶ楽になるんだよな。

 

 

 

自己満足のブログ作って本当に良かった。

 

なんか、同じ症状患ってる人がいたら教えてください。

 

こんなの初めてで、

精神疾患なのか、皆が経験する道なのか分かってない。

 

 

 

 

新車が盗まれた話

 

 

ほんと理不尽すぎる事があると

 

怒りを通り越して、やるせなさを感じる。

 

 

 

 

タイトルの通り、新車が盗まれたんです。

 

車って言ってもチャリだけど。

 

 

買って一ヶ月のチャリが盗まれたんです。

 

 

青色のチャリだったので、

ブルートゥースとかいう最高にクールな名前もつけて愛でてたんです。

 

 

 

 

 

 

 

事の経緯を説明すると、

 

 

昼頃バイト先の施設の所定の駐輪場にチャリを停めたんです。

 

 

鍵もかけて。ちゃんと鍵手元にあるしね。

 

 

 

んで、夜バイト終わってクタクタになってチャリ乗ろうと駐輪場に行ったんです。

 

 

 

 

チャリがねえ

 

 

 

 

チャリがねえ

 

 

 

 

チャリがねえんだ。

 

 

 

 

発狂したわまじで。

 

近くにいた警備員と30分くらいかけて探した。

 

まじ、本当に遅くまですみませんって謝りながらチャリ必死に探したんだわ。

 

 

どこにもねえ。

 

 

 

隣に停めてあったチャリはそのまま。

私のチャリだけ綺麗になくなってんの。

 

 

 

 

近くにあった高そうなマウンテンバイクでもなく、なぜ私の趣味の悪い色したママチャリを選んだ???

 

 

 

センス悪いのか???

これなら盗んでも平気だとか思った?

 

 

 

チャリをパクる=私の足を奪う 

ことなわけ。

 

 

まじで、両足切って山奥埋めてやりたい。

 

ここ7年くらいで一番キレている。

 

 

 

 

 

この件関しては私は何の非もない。

 

 

鍵かけて、所定の場所に駐めて、

おい、これ以上何しろっていうんだよ。

 

 

鍵ぶっ壊して持ってったの?? 

 

ひどすぎて震える。

 

 

 

クソみてえに作り笑顔振りまいて

接客してた私、逆に何かプレゼントされても良かったと思うんだけど??

 

 

 

 

 

とりあえず20分かけて

交番まで歩いたわけです。

 

 

 

 

盗難届出そうと思ったんですよ。

 

 

 

 

 

お巡り誰もいねえ。

 

 

 

 

 

おい、こちとら酒タバコで税金払ってんだよ、働きやがれ。

 

 

 

と理不尽にキレたよ。

ポリス、ごめんな。

 

 

 

 

 

0:30くらいに家ついて

 

施設の問い合わせフォームにクレームぶち込んだ。

 

 

 

「警備員の方の対応は素晴らしく感謝しておりますが、施設の管理体制に関しては疑問に思うところがあります」

 

 

 

的な文を怒り込めて打った。

 

 

安心して買い物もできないとか、ほんとクソ施設だな。

 

 

絶対他にも盗難事件起きてんだろ。

 

対策しろや、クソ施設。

 

 

 

 

 

怒りに任せて面白くもねえ文章書いたけど、

 

まあ、書けば書くほど怒りがこみ上げてくるわけ。

 

 

 

 

盗んだやつが、酷い死に方するように心から祈っている。

 

 

 

 

これからは徒歩で移動か。トホホ…

 

 

酒乱が性悪説を説明する

高校の頃倫理の授業で

性善説」と「性悪説」について学んだ。

 

 

 

 

一言で言うと

「人間は生まれつき善なのか悪なのか」

っていう対立構図なわけですが。

 

 

 

 

私は「性悪説」を信じているので

 

自分のクソみたいな中身は生まれつきだし、死ぬまで治らない と

 

斜に構えて生きている。

 

 

 

 

 

 

なぜ私が性悪説を信じているかって

 

自分の酒癖の悪さに起因する。

 

 

 

 

 

 

(余談だけど

 

昨日も自分の酒癖の悪さに引く事案があった。

 

 

限界突破して飲んでたら案の定潰れ、

 

 

気がついたら最寄駅で親友と通行人に心配されながらうずくまっていた。

 

 

 

もう一回記憶飛んで、気がついたら

 

 

オープン前の高島屋の前でバッグを枕にして大の字で寝てた。

 

 

 

流石にこれに関しては

親友への申し訳なさと

自分への驚きで震えた。

 

 

 

私多分まだサルから進化しきれていないかもしれない。)

 

 

 

 

酒癖とは

 

今まで理性で抑えていたものが

酔っ払ってコントロールできなくなった時に出る素

 

なわけです。

 

 

 

酔っ払って

淫乱になる、暴力的になる、情緒不安定になる

他にも様々なタイプの酒乱がいる。

 

 

 

私の酒乱の症状も

通常時は理性で抑えているものが

リミッター外れて出てしまった結果なわけです。

 

 

理性で抑えていた自分の素って

成長の過程で外的に植え付けられたというよりは

 

 

生まれつき持っているものだよね。

 

 

本能とか欲求とかね。

 

 

 

医学的に言えば、

 

理性を司る大脳新皮質が麻痺して

本能、欲求や感情を司る大脳辺縁系をコントロールできなくなっている状態が酒乱。

 

 

 

この本能とか欲求が

どストレートに表面に出たとき、悪い方向に繋がりうる。

 

 

 

私は自身で性悪説を体現してしまっていた。

 

 

 

以上、自分の酒癖の悪さから

帰納的に性悪説を説明してみました。

 

 

 

 

何が言いたいかって

 

私みたいに欲に忠実に生きる人は

簡単にリミッター外れるんで注意が必要ですよってこと。 

 

 

 

 

このブログのヘッダー画像(寝っ転がっているやつ)も旅行中日本酒一升飲んで

みんなが海ではしゃいでいる中、

1人二日酔いで死んでたやつ。

 

 

 

二度とこうなりたくない。

 

 

 

私、馬鹿みたいに酒飲むのはもうやめます。

 

友人のことも自分のことも大事にしようと思う。